Lymphy+ Lymphy+

Infomation Infomation

2017-03-16

アロマ(精油)の香りの種類と効能について

●化粧品の香りにこだわる、ダントツ1位の理由とは!?

総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが実施した
“全国の 20歳以上の1000人に聞いた 「香りに関する調査」”結果によると、
30代、40代の人たちが日用品や化粧品の香料にこだわる理由として、
1位「香りに癒されたいから」がダントツに多いことが発表されました。

lym2017031602

 
人が「香り」を嗅いでから、脳に伝わるまでの時間は約0.2秒以下。
「痛み」が脳に伝わるまでの時間は約0.9秒と科学的にも言われています。人が香りを感じるのがいかに速いか、また香りを嗅ぐだけで
“スッキリ”したり、“リラックス”するなど、気分転換ができるのも納得ですよね。
 
lym2017031603

 

※株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」の システムを利用した
WEB アンケート方式で実施/調査実施日:2016年10月27日(木)~28日(金)

 


 

 ●近年ではアロマ(精油)の香りに特に注目が集まっています。

lym2017031601

 自然の中から抽出したアロマの香りは
「疲れをやわらげる」「不安を落ち着かせる」「集中力を高める」「明るい気分になる」など
香りの種類によって様々な影響を人に与えるといわれています。
 


 

■アロマ(精油)の種類と効果について

Lymphy+リフトクリームに含まれる、アロマ(精油)の種類を例にあげて説明してみましょう。

・レモングラス油

lym2017031613

体の巡り、循環を良くすると言われている香り。
フェイシャルマッサージの効果を高め、スッキリした気持ちに。

・イランイラン花油
lym2017031605

「花の中の花」という意味を持つ、南国の温かみのある甘い花の香り。
エキゾチックなリラックス感を与えてくれて、女性のカラダのバランスを整える効果もあると言われています。

・レモン果皮油

lym2017031614

柑橘系の代表、フレッシュな香り。
気分をリフレッシュして明るい気持ちに。

 

・ラベンダー油

lym2017031606

リラックス効果が高く、気持ちを落ち着かせてくれる精油。
殺菌・抗菌効果もあると言われているので、化粧品でも良く使われます。

・アオモジ果実油

レモンに似た香りの精油です。疲れた心を穏やかに。

・ビターオレンジ葉/枝油

lym2017061308

ネロリに似た、シトラスと爽やかなウッディーな香りが融合された香り。
ストレスを緩和してくれます。

・ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)

lym2017031608

 女性の気持ちのバランスを整えて穏やかな気持ちにしてくれる
甘くフローラルな香り。
女性のカラダのバランスを整える効果もあると言われています。

・パチョリ油

ウッディでムスクな香り。
体の芯へ深くまで心地よく広がり、気持ちを優しく落ち着かせてくれます。
 


 

また、香りは種類によって香りがつづく長さが違います。
一般的に

トップノート(最初に香る)
ミドルノート(メインの香り)
ラストノート(最後まで残る香りの基盤)

などにわかれており、複数の時間差があるアロマをブレンドすることで
心地よい香りのグラデーションを楽しむことができます。
 


 

●気分は南国“高級スパ”。最高にリラックスできる精油の香り

女性にとって一日のはじまりと終わりのスキンケアは、
まさにリフレッシュとリラックスできる時間。

lym2017031612

 
「Lymphy+」は多忙な毎日を送る女性にむけて
スキンケアタイムに少しでも1日の疲れを癒してほしいという想いで、
オリジナル精油ブレンドの「リフレッシュシプレの香り」を完成させました。

肌と心を解きほぐし、まるでスパやエステにいる気分になれる、こだわりの香りです。
 
lym2017031609

 
“リフレッシュシュプレ”の香りは、気分をリフレッシュしてくれるだけではなく、
それぞれの精油がもともと持っている効果にも注目。女性にうれしいオリジナルの精油ブレンドです。

 
 
lym2017031610

 
さっそく、精油ブレンドの香りに包まれながらマッサージをはじめてみませんか?
忙しい毎日に、肌と心を上向きにする至福のスキンケアタイムを。
 
<リフレッシュシプレの香り/Lymphy+はこちら>
 
アロマの香りを楽しみながら、スパにいる気分でリラックスした状態でマッサージを行ってみてくださいね。
<マッサージの詳しい動画はコチラ>

PAGE TOP